$h1 EOF; ?>

歯周病

「できるだけ歯を抜かないための歯周治療」大まかな流れ

1.診査と診断

a. カウンセリングで詳しくお話を伺います。
これまでの様子、生活習慣や健康状態、喫煙の有無など詳しく伺います。
b. 歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝の深さ) の測定
歯と歯ぐきの間の溝の深さを専用の器具により測定します。
c. レントゲン撮影
骨の状態や歯周病の進行状況を確認します。
d. 診断結果の説明と今後の治療計画についてのご相談
検査結果をもとに、長期的な見通しを立て治療内容のご相談をします。

2.ブラッシング指導

患者さまの症状に応じ、歯科衛生士がお口の中の清掃方法についてご説明致します。

3.歯周病治療

歯周病の段階により、治療の内容が変わります。

  • 1.第1次治療 → スケーリング:歯肉縁上の歯石や汚れを超音波の機械で除去します。
  • 2.第2次治療 → SRP:歯肉縁下の歯石や汚れを手用の道具で1本ずつ丁寧に除去します。
  • 3.第3次治療 → 歯周外科処置 切除療法:歯肉を剥離して汚れをとり、周囲の不要な組織を除去します

4.持続的歯周病治療、あるいは継続的メインテナンス治療へ

歯周病と診断された方の回復には、最低でも数カ月の治療期間を要します。 また、慢性の炎症性疾患であるため完治が難しく、良い状態の維持にはコントロールと メインテナンス歯のクリーニング、PTC、PMTCが不可欠です。 歯周病は生活習慣病のひとつであるとされ、糖尿病や心筋梗塞などの全身疾患との関連も近年続々と明らかになってきています。

年齢を重ねても、自分の歯が多く残っている人ほど、健康で長生きが出来るという 学術データも出ており、歯周環境の改善は全身の健康維持に欠かせないものとなりつつあります。 当院の医師及びスタッフを口腔環境向上のパートナーとし、いつまでも自分の歯で美味しく食事が出来る健康な体つくりを目指しましょう。